埼玉県久喜市本町4-9-12 営業時間AM9:00~PM6:00

[更新日] 2013年11月15日

サイトマップ

スチールドア納まり図

文化シヤッター文化シヤッター埼玉工事株式会社
HOME  > 取扱製品  > ドア(SD・PD・半自動ドア・ヒクオス)  > SD(スチールドア)  > 納まり図

ドア(SD・PD・半自動ドア・ヒクオス)

スチールドア内部設置用たて断面納まり図になります。

 ①

 上枠

  • スチールドア上枠になります。枠内にモルタル(セメントと砂を混ぜ合わせたもの)を詰めて、開閉時の音を軽減させます。 
扉 
  • 枠内に設置される扉になります。  様々な形がありますので、扉の形状はこちらをご参照ください。
固定用溶接アンカー
  • スチールドアを設置する際、建屋がコンクリート躯体の場合、溶接用アンカーを打ち込み鉄筋棒でスチールドア枠を溶接固定します。 
  • 建屋が鉄鋼造の場合は、下地鉄骨より鉄筋棒にて溶接固定します。
建物躯体(鉄骨・コンクリート) 
  • スチールドアを設置するための建物躯体になります。鉄骨、コンクリートなど様々な躯体に設置が可能です。
FL(床ライン)
  • スチールドア設置の際、床ラインとの取り合いが重要です。
  • スチールドアたて枠が床ラインから15mm埋まり固定されます。
  • 扉は、床ラインより9mm上がったところで設置されます。床ラインと扉下との隙間がなくなると、扉は床についてしまい開閉が出来なくなります。

 


スチールドア内部設置用よこ断面納まり図になります。

 ①

 たて枠

  • スチールドアたて枠になります。枠内にモルタル(セメントと砂を混ぜ合わせたもの)を詰めて、開閉時の音を軽減させます。 
扉 
  • 枠内に設置される扉になります。  様々な形がありますので、扉の形状はこちらをご参照ください。

丁番・ピポットヒンジ 
  • 扉を開閉させる為に用いる金物になります。 

 固定用溶接アンカー

  • スチールドアを設置する際、建屋がコンクリート躯体の場合、溶接用アンカーを打ち込み鉄筋棒でスチールドア枠を溶接固定します。 
  • 建屋が鉄鋼造の場合は、下地鉄骨より鉄筋棒にて溶接固定します。
 建物躯体(鉄骨・コンクリート) 
  • スチールドアを設置するための建物躯体になります。鉄骨、コンクリートなど様々な躯体に設置が可能です。


完全エアタイト内部設置用たて断面納まり図になります。

 

気密性を求められる場所に設置する「完全エアタイト」になります。

 ①

 エアタイト上枠

  • エアタイトドア上枠になります。枠内にモルタル(セメントと砂を混ぜ合わせたもの)を詰めて、開閉時の音を軽減させます。 
エアタイトゴム 
  • 枠内に設置される扉と枠の隙間をふさぐゴムになります。
③  ステンレスエッジ 
  • 扉の端に設置されている突起状のステンレス部材になります。エッジが枠にセットされているエアタイトゴムに入り込み気密状態を保ちます。 
扉 
  • 枠内に設置される扉になります。  様々な形がありますので、扉の形状はこちらをご参照ください。
 エアタイト下枠(沓摺り)
  • エアタイトドア下枠になります。枠内にモルタル(セメントと砂を混ぜ合わせたもの)を詰めて、開閉時、通行時踏み込んだ時の音を軽減させます。 
 固定用溶接アンカー
  • スチールドアを設置する際、建屋がコンクリート躯体の場合、溶接用アンカーを打ち込み鉄筋棒でスチールドア枠を溶接固定します。 
  • 建屋が鉄鋼造の場合は、下地鉄骨より鉄筋棒にて溶接固定します。
 建物躯体(鉄骨・コンクリート) 
  • スチールドアを設置するための建物躯体になります。鉄骨、コンクリートなど様々な躯体に設置が可能です
⑧  FL(床ライン)
  • スチールドア設置の際、床ラインとの取り合いが重要です。
  • スチールドアたて枠が床ラインから12mm埋まり固定されます。
  • 扉は、床ラインより3mm上がったところの下枠と6mmの隙間で設置されます。

 


完全エアタイト内部設置用よこ断面納まり図になります。

 ①

 エアタイトたて枠

  • エアタイトドアたて枠になります。枠内にモルタル(セメントと砂を混ぜ合わせたもの)を詰めて、開閉時の音を軽減させます。 
エアタイトゴム 
  • 枠内に設置される扉と枠の隙間をふさぐゴムになります。
ステンレスエッジ 
  • 扉の端に設置されている突起状のステンレス部材になります。エッジが枠にセットされているエアタイトゴムに入り込み気密状態を保ちます。 
扉  (親子・両開き召し合わせ部分)
  • 親子・両開き扉の召し合わせ部分になります。戸先のエッジがエアタイトゴムに入り込み気密性を高める設計になっています。 

 丁番・ピポットヒンジ 
  • 扉を開閉させる為に用いる金物になります。
 固定用溶接アンカー
  • スチールドアを設置する際、建屋がコンクリート躯体の場合、溶接用アンカーを打ち込み鉄筋棒でスチールドア枠を溶接固定します。 
  • 建屋が鉄鋼造の場合は、下地鉄骨より鉄筋棒にて溶接固定します。
 建物躯体(鉄骨・コンクリート) 
  • スチールドアを設置するための建物躯体になります。鉄骨、コンクリートなど様々な躯体に設置が可能です

 


製品特徴 | 製品仕様 | 納まり図 |